ゴミ屋敷

ゴミ部屋について

部屋が散らかっているゴミ部屋。では、なぜそのように片付けることができないのか。最初から散らかっていたわけではないので、生活していくうちにどんどんゴミが溜まっていくのであろう。ゴミ部屋になる人の特徴から考えていくと、捨てられないというのが最大の要因で貧乏性であり捨てるのがもったいないと思ってしまうのだろう。整理整頓が下手でどこにどう直していいのか分からないのもあるだろう。
それから、安い物を大量に買ったり衝動買いしたり無駄に買ってしまう癖があって買っても片付けれず溜まってくのだろう。そういうのが蓄積していきゴミ部屋が出来上がっていくのだと思います。部屋の状態は「心の状態」を表していると言われています。片付けが苦手な人は思考が停止しかけているので、部屋が散らかっている光景を見ても何も感じないのです。
心が綺麗であれば整理整頓はできるはずです。部屋を綺麗に整理整頓することは、心を綺麗にすることでもあります。人に対しても物に対しても思いやりを持つことが大切です。部屋を誰かに掃除してもらっても心から感謝の気持ちがなければまたゴミ部屋に逆戻りでしょう。部屋を片付けることは心の中も片付けることでもあるので、根底から改善しようというのであればまずは心を綺麗にすることから始めてみましょう。

MENU

2017年06月14日
ゴミ部屋の掃除についてを更新しました。
2017年06月14日
ゴミ部屋についてを更新しました。
2017年06月14日
ゴミ部屋に住んでいる人の考え方と片付けを更新しました。
2017年06月14日
精神疾患の可能性も視野に入れてを更新しました。