ゴミ屋敷

ゴミ屋敷は高齢者が作りやすいものです

大阪でゴミ屋敷というと近年は社会問題となっていて、防犯上かつ衛生上いいものではないと思っています。そのため行政が動いて住民に片づけるよう説得したり、状況によっては行政が片づけたりすることもあります。
大阪のゴミ屋敷についてはほとんどの場合は高齢者が作ってしまうことが多いのですが、その理由としてはいくつかあります。まず高齢者は体力が低下してしまい、部屋を簡単には片づけづらいのです。また不要なものが部屋にあったとしても、ゴミをまとめて集積所に持って行くことが難しい場合もあります。
大阪でも地域によってはゴミの集積所が車で行かなければいけないほど遠方にある場合もあり、車に乗れないケースも多い高齢者にとってはゴミを処分することも大変な苦労を要するのです。また高齢者は加齢とともに認知機能も低下してきて、本来であれば捨てなければならないものも必要なものとして認識してしまうことがあります。
そのためゴミを自宅に貯めてしまうことになり、次第に自宅がゴミ屋敷になってしまうのです。なので地域にゴミ屋敷を作りたくないと思うならば、まずは孤立している高齢者がいないかどうかを把握し高齢者の見守りや介助をすすんで行うことが重要になってくるのです。

ゴミ屋敷を作ってしまう人の特徴

多くの人は誰しも、家庭や職場、学校等において整理整頓を心掛けた生活を心掛けていらっしゃいます。必要としている物や不必要な物の判別をしっかりと把握し、定期的にゴミ出しを行っているものと思われます。しかしメディア等にてよく目にする光景があります。
それが大阪の「ゴミ屋敷」です。家の中は足の踏み場も無く、さらに家の外までにもあらゆる物が溢れ出してしまい近隣住にも迷惑を掛けてしまう事にも繋がってしまいます。しかし大阪のゴミ屋敷は1日で形成される訳では無く、月日を掛けてゴミ屋敷が作られていくのです。そんなゴミ屋敷になってしまう人の特徴をご紹介します。
近年大阪ではどの企業も常に忙しい状況となっており、遅くまで仕事をする事が常習化している方も非常に多いのです。その為、自宅に帰宅しても単に寝る為だけの場所となってしまい、平日は寝ているだけで休日のほとんども疲労困憊となってしまい終日布団の中で終わってしまう方も増えてきています。
そんな生活を繰り返し行っていると、片付けを行っている時間やゴミ出しを行う時間も無くなってしまいます。しかも欲しい物を購入すると、さらに物が増えてきてしまい次第にゴミ屋敷化となってしまうのです。仕事が忙しい方は数多くいらっしゃいますが、休日にはしっかりと掃除や整理整頓を行う事でゴミ屋敷は防ぐ事が出来るのです。

ゴミ屋敷は考え方と習慣の問題

近頃バラエティ番組などで、大阪のゴミ屋敷を調査したり、芸人やコンサルタントが片付けるような企画が多いですが、ゴミ屋敷になる程の家に住んでいる人は一種の病気です。私の祖母は中々物を捨てることが出来ず、家に溜め込む習慣がついておりました。それを受けて父も同じように大阪の実家に物が溢れかえっております。
なぜこのような現象が起こるかというと、言い分はただ一つです。「いつか使う。」そのいつかは二度とやってきません。またやってきたとしても結局所在が分からず、新たに購入することになり、物がたまる悪循環な状況が出来上がります。
これを改善するためには、まず物の捨て方を覚えることです。物を残すことではなく、その物を使うことが大切にしていることと言えます。なので一度ジャンル別に物を集約し、直近一年使っていないものや心に響かないものは全て処分しましょう。
また思い出の品など、使わないけど捨てれないものは写真にして残しておきましょう。そうすることで心の中に残ります。また近頃大阪では自治体や行政が、火災等の危険があると認めた場合は強制的に撤去するニュースが流れておりますが、仕方がないと思います。そうまでしないとゴミ屋敷を片付けられないのは病気だと言えます。この片付けブームに乗っかり、自分の所有しているものと向き合い、より良い生活の見直しになればいいと思います。

身内にゴミ屋敷の住民がいるときの対処法について

近年、世間を騒がしている話題のひとつにゴミ屋敷の問題があります。ゴミ屋敷の問題はテレビなどの報道で目にすることが多いですが、それは決して私たちとは無関係な存在と言い切ることはできません。ある日突然、身内の方がゴミ屋敷の住民となってしまうこともあるからです。 それまで何も問題のなかった家が突然、ゴミ屋敷となってしまう理由は定かではありませんが、一説によると大切な人との死別や精神的に大きなダメージを受けるなどの心の傷がゴミを家の中にため込んでしまう要因の一つではと考えられています。つまり、配偶者の死などが引き金となってある日を境としてゴミ屋敷の住民になってしまう可能性もあるのです。 もしも、身内の方がゴミ屋敷の住民となってしまった場合、近隣の住民とのトラブルを避け、トラブルが重大ごとに発展しないためにも専門業者にゴミの清掃を依頼して早急な手立てを講じる必要があります。ただし、ゴミ屋敷の住民の多くはゴミが家の中にあふれかえっているような状況に無関心であるので、家族の方が根気よく説得をしながら本人に代わってこまめにゴミを処分していくことが大事です。専門業者なら大量のごみの処分にでも難なく行ってくれるので、困ったときには業者に依頼をするようにしましょう。


ゴミ屋敷を大阪で処理するならここ!
大阪にあるゴミ屋敷のトラブルを解決してくれる優良業者です。あなたがもしそういった問題に直面しているのでしたらぜひともご活用いただきたいと思います。

MENU

2017年06月14日
ゴミ部屋の掃除についてを更新しました。
2017年06月14日
ゴミ部屋についてを更新しました。
2017年06月14日
ゴミ部屋に住んでいる人の考え方と片付けを更新しました。
2017年06月14日
精神疾患の可能性も視野に入れてを更新しました。